初めての共同作業

お色直しの回数はほどほどに

特に新婦とその女友達が特に楽しみにしているお色直し。
新郎の中には面倒だ、お金がかかると思ってしまう人も多いようですが、一生に一度のことですから奥様に付き合ってあげてくださいね。
ただ、お色直しの回数はほどほどにしておいたほうが良いです。

経済的なこともありますし、何度も中座するのは参列者に失礼です。
特にドレスから和装、もしくは和装からドレスといったお色直しはお化粧と髪のセットが加わるので、かなりの時間ゲストを待たせることになります。
芸能人の結婚式やファッションショーをかねているのでなければ2回から多くても3回程度が限度でしょう。

お色直しのパターンは大きく分けて3つ。
1.和装からドレスへ
2.ドレスから和装へ
3.ウエディングドレスからカラードレスへ

1のパターンは神前式でよくあるパターンです。
挙式は白無垢でやって、色打ち掛けで披露宴に入場、その後ドレスに変身というのが一般的です。
純白のドレスも良いですが、少しパンチの効いたカラードレスを選んでも、おしとやかな和装からのギャップを演出できます。

2は1の逆パターン。
式はドレスだけど、親の世代のために振袖も見せてあげたいといった事情があるようです。
赤の色打ち掛けが一般的ですが、白や花柄といったタイプの打ち掛けや黒の引き振袖を使うこともあります。

3はほとんどが純白のドレスからカラードレスへのお色直しをしています。
せっかくですから色もデザインもダイナミックに変えて参列者を驚かせたいものです。
普段のイメージと違う色を使うのも効果的です。

お色直しを3回行う場合は、時間との勝負になります。
何かトラブルが起こらないとも限りませんから、十分バッファタイム(時間的余裕)をとったタイムテーブルを組むようにしましょう。

また、お色直し中にただご歓談では場の雰囲気がしらけてしまうこともありますので、ティータイムにしたりビデオを上映するなど、一工夫ほしいところです。
披露宴でVTR映像を流すのはおすすめです。
ただでさえ押してしまったり間延びしてしまいがちな披露宴のタイムコントロール。
お色直しはそれがさらに難しくなりますので、衣装選びと同じくらいタイムマネージメントに機を使うようにしましょう。
披露宴のお色直しの回数はこちらも参考にしてください。

Menu