初めての共同作業

サンキューカードの作り方

披露宴会場に入る参列者を出迎えるサンキューカード。
自分たちの式に出席してくれた事へのお礼をしたためます。
格式高い雰囲気のもの、かわいいもの、いろいろなデザインがありますね。

ここではそんなサンキューカードの作り方について考えてみましょう。
まずはデザイン以前にサンキューカードを作る際に覚えておきたい最低限のルールから見ていきましょう。
基本的にサンキューカードに「、」、「。」といった句読点は入れません。

お祝い事には区切りや終わりはない方が良いということでスペースや改行で区切るのが基本になります。
もう一つの基本ルールは日付と新郎・新婦の名前を入れることです。
新婦の旧姓は入れなければいけないことはありませんが、入れておいた方がわかりやすくて良いですね。

ここからはルールではないのですが、できれば入れておきたいのが新居の住所、メールアドレス、電話番号などです。
これからも変わらないお付き合いをしていただけるよう、新居を構える場合は是非入れておきたい内容です。
参列者がそれほど多くない場合は手書きで作ると手作り感がでて良いですが、多い場合は印刷でも良いでしょう。

会場や業者に頼めばやってくれますので、時間がない場合はそれもありですが、結構な料金を取られるので手作りしてみてはいかがでしょうか。
インターネットで検索すれば様々なデザインの用紙が売っています。
一点注意することがあるとすれば、パソコンを使って印刷で作る場合は必ずプリンタに対応した用紙を購入することです。

印刷に対応していないものはもちろん、インクジェット専用紙をレーザープリンタで使うといった使い方だとうまく印刷できない場合があります。
内容はそれほどたくさん書く必要はありません。
あまり細かく書くと、何を書きたいのかわからなくなってしまいますし、詰め込んだイメージになってしまいます。

式に参列してくれた事へのお礼、これからも変わらぬ付き合いをというお願い、決意表明(温かい家庭を築いていきます、など)で十分です。
あとは間違いなく会場に手配してください。
せっかく作っても、当日までに届いていないと大変なことになってしまいます。

Menu