初めての共同作業

謝辞の書き方

謝辞は結婚式のフィナーレとなる両家の両親と新郎新婦による参列者への挨拶です。
一般的には新郎方の父親がやるのが一般的ですが、最近では新郎が行うことも増えてきました。
誰がやるにせよ、最後の締めくくりとなる大切な挨拶ですので、少し襟元を正した失礼のない内容にしたいものです。

どこにでもある謝辞をそのまま読み上げると、手を抜いたように思われるのでできれば自分の言葉でつくりたいものです。
ただ、それだけでは何を言ってたら良いものかわからないということもあるでしょうから、大きなポイントだけをおさえておきましょう。
一般的な謝辞に入れる内容としては、参列してくれたゲストへのお礼・祝福に対してのお礼・新郎・新婦・両家の現在の心情・今後の指導のお願い・.結びの言葉といったところです。

親しい人だけを呼んだ式であれば少しくらい崩してもかまいませんが、両家の親類を呼んだ式であれば、簡単な自己紹介なども入れたほうが良いかもしれませんね。
もちろん、仲人を立てた場合などであればその人へのお礼も織り込みます。
それでも時間が余ってしまうようでしたら、当日出席できなかった人や式場スタッフへのお礼を入れると、折り目正しい印象をつけることができます。

ほかのスピーチも同様なのですが、謝辞は特に短くまとめることがのぞまれます。
数時間にわたる式のあとですから、会場にいる人は多かれ少なかれ疲れています。
具体的には350文字から500文字程度、長くても3分程度で終わるように心がけましょう。

またこれも結婚式でのスピーチ全般に言えることですが、忌み言葉は使わないようにします。
具体的には「別れる、切る、壊れる、破れる、失う、戻る、失敗、終わる、途絶える、帰る、冷える、裂ける、死ぬ、患う、倒れる、亡くなる」といったものですね。
さらに「重ね重ね、くれぐれも、ますます、返す返す」といった重ね言葉というのも避けるようにします。

最近ではあまり気にされなくなりましたが、年配の方だと気にされる方はいらっしゃいます。
いつも普通に使っているものを使わないというのは難しいもの。
それなりに練習していても出てしまうものですので、「若輩者ゆえ・・・」と一言最後に謝れば問題ありません。

おめでたい式ですから、それで大丈夫です。
気持ちをこめて話せれば目的は達成できていますから、気楽にやりましょう。

Menu