初めての共同作業

披露宴のスタイル

こだわりの式、自分らしさの見える式をしたいというカップルのニーズに応える形で、ブライダル業界も様々な披露宴のスタイルを提案しています。
基本はホテル・専用の式場・レストランですが、最近ではリゾートやガーデンといった自然の中で行うスタイルも定着してきています。
ホテルの披露宴のメリットとデメリットはこちらをご覧ください。
最近ではスタイルに関わらず大がかりな演出ができる機材や施設を完備いることが多いので、ここを選ばないとできないというようなことも減ってきています。

ただ、遠方からの参列者が多い場合であればホテルウエディングにした方が楽ですし、料理にこだわりたいのであればレストランというように。
個人的にはレストランウェディングの披露宴はおすすめだと思います。
それぞれの強みもありますから、それらを勘案して比較・検討すると良いでしょう。
会場ごとの披露宴スタイルを見たところで、今度はシステム的なところを見ていきましょう。

たとえば最近では披露宴を2回やる二部制披露宴が人気です。
というのも、両親や親類と新郎新婦の交友者では世代が違います。
最大公約数的な披露宴でも良いのですが、それぞれに心から楽しんでもらうために年齢層の高い人たちにはカッチリした披露宴。

打ち解けた人たちにはカジュアルなブッフェ形式の披露宴に出てもらうと言った具合にカスタマイズするわけです。
お金と時間がかかってしまうのと、新郎新婦に心身共に負担が増えるデメリットはありますが、参列者の満足度は上がります。
披露宴について親と意見が合わない時などにも使えますね。

料理によっても披露宴のスタイルはわかれてきます。
ベーシックなのは全員が着席して落ち着いて料理を楽しむディナー形式。
親族や勤め先の人たちを呼ぶフォーマルな式ではメジャーなスタイルです。

もっとカッチリしたものになると和風形式があります。
座敷を使い、一昔前は自宅で行われていましたが、今では料亭などを使ってやるのが一般的です。
打ち解けた仲間や上司を抜きにした同僚といったメンバーでやるのがブッフェ形式です。

好きなものを好きなだけ食べられるのと、参列者同士、参列者と新郎新婦がコンタクトを取りやすいのが大きなメリットです。
ただ、年配の方だと落ち着かないと感じる場合もあるので、落ち着いて座れるスペースを確保するなどの工夫が必要です。
披露宴の流れはこちらをご覧ください。

Menu