初めての共同作業

信頼できるウエディングプランナーにお願いしよう

若干の例外はあるでしょうが、結婚式は人生に一回だけの大切な大切なイベントです。
仕事の失敗は取り返せますが、結婚式の失敗は取り戻せません。
そんな人生の重大イベントですから、信頼できるウエディングプランナーにお願いしたいものです。

そもそも信頼できるウエディングプランナーって何でしょうか。
知識でしょうか。
経験でしょうか。

もちろんそれはそれでとても大切なことです。
ただ、本当に信頼できるかどうかはもっと基本的な事なのではないでしょうか。
たとえば、2人の結婚を誰よりも祝福してくれる人。

たとえば、2人の希望を納得いくまで聞いてくれる人。
たとえば、すぐに無理と言わない人。
たとえば、すぐには言わなくても無理なことはきちんと無理だと言ってくれる人。

たとえば、どんなに忙しくてもそれを表に出さない人。
ウエディングプランナーに限りませんが、本当に信頼できる人ってこういう人なのではないでしょうか。
逆にとにかく高いプランやオプションを押しつけようとする人。

とにかく自分の言うことを前面に出してくる人、こちらの話を聞いてくれない人。
次回の顔合わせまでにといっていたことができていない人。
というプランナーであれば、大変です。

結婚式というのは思ったよりもたくさんの作業があり、準備には時間がかかります。
そんな長期間をともに過ごし、人生の一大イベントを預ける人がこんなことで良いでしょうか。
気の弱いカップル、人の良いカップルは自分たちが我慢すれば、結婚できるだけでも、などと考えてしまいがちですが、それは間違っています。

こちらはお客です。

そしてもしそのウエディングプランナーが心から2人の結婚を応援しようとしてくれているのであれば、変更を申し出ても嫌な顔はしないはずです。
逆にここで嫌味を言われたり、難色を示されたのであれば問答無用で支配人クラスの人に変更を伝えましょう。
結婚式・披露宴におけるウエディングプランナーの影響力はかなりのものです。

幸せいっぱいの式が挙げられるかどうかに直結しているといっても過言ではありません。
ほかの事は譲っても、ウエディングプランナーだけは譲らないようにしましょう。

披露宴の司会者選びはこちらを参考にしてください。

Menu