初めての共同作業

披露宴の写真はプロにお願いしよう

披露宴の写真は後から見返すと笑ってしまったり、感動で泣けてきたりと大切な思い出になります。
せっかくですからきれいに撮りたいものですよね。
最近はプロが使うようなデジタル一眼レフや高級レンズといった機材が個人でも購入できるようになりました。

また、カメラ任せでもある程度の画質で写真が撮れるくらいカメラ自体も進化しています。
デジタルデータなので、式が終わった後にでもメールで送ってもらえば、などと安易に考えていませんか?
それはそれで撮っておくとして、アルバムとして保管するような写真はやはりプロにお願いした方が無難です。

結婚式・披露宴はどうしても暗いところで行われます。
暗い場所で良い写真を撮るのは、デジタル・アナログを問わずプロでも難しいものです。
また、ある程度お酒を飲めば、手元が狂ってしまうこともありますよね。

それに写真撮影に集中してしまい、式や披露宴が楽しめないのではかわいそうです。
その点、プロのカメラマンは仕事中はお酒は飲みませんし、事前に司会者や式場スタッフと打ち合わせて式の内容を全て把握しています。
そのため、次の瞬間何が起こるかわからない一般人に比べて、イベントを正確に撮影することができるのです。

プロに任せるメリットは単純な画質だけではありません。
その構図や構成も素人では勝てない部分があります。
新郎新婦と親しい参列者の場合、どうしても新婦ばかり移してしまったり、というように全体のバランスが取れなくなります。

親しい人の晴れ舞台だからそうなるのも無理はありません。
もちろんそれはそれで面白いのですが、やっぱり客観的な視点で撮られた写真も欲しいものです。
プロの写真家であれば、余計な感情が入らないので、あらゆる部分を考慮して最も映える構図で写真を撮影してくれます。

プロにお願いするメリットはもう一つあります。
それは、ちゃんとしたアルバムなど、写真を使ったアイテムを格安で作ってくれることがあるからです。
家庭用のインクジェットプリンタで印刷するとどうしても数年経つと色があせてしまいます。

またきちんとしたアルバムを作ろうとすると、結構お金がかかります。
提携の写真屋さんなどだと、撮影費にそういったアイテム代が込みになっていることがありますので、業者を選ぶときに確認してみてください。

Menu