初めての共同作業

結婚披露宴は招待客へのおもてなし

世界で一番一緒にいたい人と永遠の愛を誓い、ともに人生を歩む。
確かに恋愛とは違う一面はありますが、それでも結婚は人生の素晴らしい奇跡です。
そんな二人がこれまで世話になったことを感謝し、さらに深い付き合いを頼むのが結婚式です。

ただ、結婚という非日常感に舞い上がってしまうのでしょうか。
ハメを外しすぎてしまうカップルも見られます。
本来結婚の報告と感謝の席であるはずの披露宴が、同窓会やエンターテイメントの場になってしまっているのです。

これから結婚をしようと考えている人は、今の計画を振り返ってみてください。
年配の参列者への配慮は十分にできているでしょうか。
決まり切ったプログラムを見直すのは良いですが、両親や参列者への感謝を伝える場まで削っていませんか?

参列者の気分を害するような品がなかったり、一部の人しかわからない余興など組み込まれていませんか?
式場へのアクセスが悪い参列者へのケアを見落としていませんか?
料理は参列者全員が楽しめるものになっていますか?

こだわりのBGMは誰が聴いても心地よさを感じてくれるものになっていますか?
親の意向を無視したものになっていませんか?
確認しておくべきことは、いくらでも出てきます。

繰り返しますが結婚式は招待客へのおもてなしの姿勢が基本です。
招待客は誰もが自分たちを祝福してくれます。
長い人生の中、自分たちが主役になれる舞台ですから少しくらいハメを外しても誰も文句は言いません。

しかしそこに甘えてはいけません。
結婚できると言うことは、自立した大人ということです。
これから自分の人生を切り開いていく2人が人を思いやれないなんて、親にしてみれば不安を感じてしまいます。

これから自分たちを助けてくれる人に対してきちんと感謝することができる。
誰に見せても恥ずかしくない結婚式をすることができる。
そういう息子・娘の姿を見せることが、親やこれまでお世話になった人への最大のお礼になるのではないでしょうか。
結婚披露宴の招待客の選び方というのも大切になりますので、こちらのサイトを参考にしてみてください。

Menu