初めての共同作業

思いを伝える両親への手紙の書き方

式の後半で読まれる両親への手紙。
長い式の中でも1,2を争う泣けるシーンですね。
長らく新婦がやるものでしたが、最近では新郎もやることがあるようです。

ここでは、思いを伝える両親への手紙の書き方について考えてみたいと思います。
これまでお世話になってきた両親への手紙なので、どうしても長くなりがちですが時間の制限もありますので、コンパクトにまとめるようにしましょう。
ただ、最初から短く書こうとしてはいけません。

まずは書きたいことを全部書いて、そこから重複していること。
言わなくても良いことなどを削って密度を高めていくと内容の薄い何を言っているのかわからない手紙になることを防げます。

一概には言えないですが、大きな流れとしては
1.書き出しとして両親へのお礼
2.子供の頃の思い出や家族への感謝、エピソードなど一番伝えたいこと
3.これからの新婚生活や夫婦生活への意気込みなど
4.締めとしての感謝の言葉
といった感じになります。

ここでもうひとつ大切なことがあります。
それは、周りの目を気にしないことです。
もちろん参列者もその内容を聞きます。

しかし気にしすぎてしまうと、泣ける話にしようとか、あまりくさいことは書けないな、という具合に迷いが出ます。
こうなってしまうと筆が止まってしまったり、本当に伝えたいことから離れた文章になってしまいます。
その手紙を受け取るのは参列者ではなく、ご両親です。

ほかの誰でもないご両親に本当に伝えたい気持ちをそのまま書く、それが一番です。
最後に書き方とは少し外れてしまうのですが、手紙を読むときは少し遅すぎるかなと思うくらいのスピードで読むようにしましょう。
読んでいる最中に感極まってしまう新婦さんをよく見ます。

それは自然なことですのでかまわないのですが、早口になってしまったり声が小さくなってしまっては何を言っているのかわかりません。
最終的に手紙は両親の元にいくので問題ないといえば問題ないのですが、せっかくですからそこで伝えたいものです。
その点、ゆっくり話せば多少声が小さくなってもちゃんと聞き取れるものです。

Menu