初めての共同作業

ブーケトスのアイディア

挙式後に後ろ向きになった花嫁さんから投げられるブーケ。
ブーケを受け取った女性が次の花嫁になれるブーケトス。
14世紀頃のイギリスの風習が起源という説が有力だそうですね。

他愛のない縁起担ぎなのですが、中にはかなり気合いを入れている女性がいるとかいないとか。
ブーケトスは参列した女性であれば誰でも参加したいゲームです。
ただ、年配の方が多く参加する式だったりすると受けが悪いということもあるようです。

そんなときは、ちょっとアイディアを盛り込んでみてはいかがでしょうか。
まず考えられるのはブーケを少し改造(?)してみること。
キャンディなど、花以外のものでブーケをつくることで意外性が出ます。

普通のブーケトスと見せかけて、という感じでやると良さそうです。
次に考えられるのは、ブーケ以外のものをトスしてみる。
割れ物などは使えませんが、お菓子などは女性に喜ばれます。

その中にブーケを混ぜておけば、いつ来るかとワクワクする演出にもなるでしょう。
次に考えられるのは新郎によるトス。
参加層にもよりますが、カツラなど笑えるものを混ぜれば盛り上がるでしょう。

新婦のブーケトスの後にやると、女性だけでなく男性も楽しめますね。
ブーケトスだとキャッチできないことがあり、ブーケが地に落ちると縁起が悪いということでブーケプルにするケースが増えています。
トスだと割れ物は使えませんが、プルだと使えるモノの選択肢が広がります。

ブーケは良いお値段ですから、その代金でワインなどを景品にしてみてはいかがでしょうか。
ガータートスというものもあります。
これはヨーロッパではメジャーなのですが、花嫁のドレスに潜り込んでガーターを取り、それを男性陣に投げるというものです。

また、ブーケトスそのものに意味を付けるのもアイディアです。
たとえば、ブーケを受け取るのを独身男性に限定し、そのブーケを受け取った人はその場でプロポーズをしなければいけない、とか。
最後の2つはあくまでも洒落がわかる参列者が対象になるという制限が付きますが。

要するに既存の枠を取り払えば、いろいろなアイディアが出てくると言うことです。
参列者全員に楽しんでもらえるよう、2人で頭をひねってみましょう。

Menu