初めての共同作業

体型に合わせて似合うドレスを選ぼう

多くの女性が一度はあこがれるウエディングドレス。
式の中で参列者からもっとも注目されることのひとつですから、こだわりぬいて選びたいものです。
ここで注意したいのは、きれいなドレスを選ぶことより、似合うドレスを選ぶことのほうが大切ということです。

人の体型は千差万別。
花嫁さんの晴れ舞台を華やかに彩る最適な一着を選びましょう。
それでは上からいきます。

まずは首。
首が短い人がハイネックや丸首のドレスを着ると、顔が大きく見えるのです。
逆に首が長い人がVネックやスクエアなどデコルテを強調するとひょろ長く見えてこれもバランスがよくありません。

首が短ければ首元をすっきり見せ、長ければ適度に隠すと覚えましょう。
次はコンプレックスにつながりやすいバスト。
ドレスだと普段着以上に強調されるので注意が必要なのです。

大きい人がドレスを着ると太って見えますし、小さい人だと貧弱に見えます。
大きい人はビスチェなど、小さい人はふわふわの装飾を使いましょう。
背の高い・低いも大切です。

背の高い人がドレスを着ると大柄に見えるため威圧感が出てしまいますし、背が低い人だと子供っぽく見えます。
これはウエストの位置で調整できるのです。
背の高い人はウエストの低いドレス、背の低い人はウエストの位置が高いミニ丈などが良いでしょう。

肩のラインはどうでしょうか。
いかり肩だとがっしり感が強調され、なで肩だと顔が大きく見えます。
そこでいかり肩の人はアメリカンスリーブ、なで肩の人は、パフスリーブや肩先の装飾で調整すると良いでしょう。

気にする人が多いのが二の腕の太さなのです。
腕を出すことが多いウエディングドレスだと、腕の太い人はどうしても上半身全体が太く見えてしまいます。
そこでパフスリーブや七分丈のドレスを使うと、腕の太い部分を隠し、細い部分を出すことができるので、細く見せることができます。

袖口が広がるデザインのパゴダスリーブを選ぶのも良いですね。
最後にお尻が大きい人の場合。
こういう場合は、ボリュームのあるスカートが基本。

バックラインに装飾を施したタイプのドレスも効果的です。

なお、披露宴の招待客のドレスコードマナーはこちらをご覧ください。

Menu