初めての共同作業

ブートニアのセレモニーを披露宴で!

ブートニアというのは新郎の左胸に飾るコサージュのことです。
このブートニアの由来はヨーロッパ。
その昔、男性は女性に求婚する際、女性の家に行くまでの道でつんだ花で花束を作り、それを女性に贈っていました。

これがブーケですね。
女性はもし結婚を承諾する場合、ブーケから一本花を抜いて男性の胸ポケットに挿したそうです。
新婦のブーケと同じ花を使って作られることが一般的なのはその名残です。

このブートニアの由来を現代にセレモニーとして復活させてみてはどうか、というのが今回の記事の本題です。
最近、行われることも増えてきたのですが、披露宴の席で新郎が参列者一人から1本花を集め、それを組み合わせてブーケをつくり、それを新婦に渡します。
そして新婦はそこから一本抜いて新郎の胸ポケットに挿す、というわけです。

なんともロマンチックな話じゃありませんか。
ただ、時間の都合でそういったことが出来ないということがあるかもしれません。
また、ブートニアが花一輪ではさびしすぎるということもあるかもしれません。

そんなときは、あらかじめブーケを作っておき、テーブルごとに一本ずつ花をもらい、ブーケに最初から仕込んでおいたブートニアを新婦が挿してあげると良いでしょう。
ブートニアのうんちくをもう少し紐解いてみましょう。
言い伝えでは男性がブーケを作るために摘んだ花は12本のバラだったといわれています。

12本のバラはそれぞれ意味を持っており、それぞれが「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」を指します。
ブーケは「これらをあなたに誓います」という決意の証で、この12本のバラをダーズンローズといいます。
さらに女性はこのうち最も大切にしたい意味を持ったバラを選び、男性の胸に挿すのだそうです。

素敵な話ですね。
このようなうんちくは、さりげなく出すことで披露宴に彩りを添えることができます。
司会の方に頼んでおくと良いでしょう。

Menu