初めての共同作業

披露宴のBGM選び

音楽が嫌いという人はそういないと思います。
ジャンルやミュージシャンの好き嫌いはあれど、誰でも好きな曲、というのはあるでしょう。
にもかかわらず、意外に頭を使うのが披露宴のBGM選び。

披露宴会場の雰囲気に大きく影響するものですから、適当に選ぶわけにもいきません。
式場に任せればそれっぽい曲をまとめてくれますが、やはり自分で選びたいというカップルも多いことでしょう。
そこで今回は、披露宴のBGM選びのコツについて考えてみたいと思います。

披露宴のBGMを選ぶときの鉄則は、ボーカルなしの曲を選ぶことです。
参列者の挨拶、花嫁の手紙朗読、両親からの言葉・・・といったシーンでボーカル入りの曲はどうしても意識がそちらに向いてしまいます。
大切なシーンだから思い入れのある曲を流したいというのは人情ですが、これが逆効果。

そういう勝負曲は大抵、歌詞の中に愛や感謝といった言葉がたくさん出てきます。
これが実際に話している人の言葉とかぶってしまうのです。
どうしてもボーカル入りの曲を使う場合は、新郎新婦の入場や退場。

お色直しのための一時退席、キャンドルサービスといった言葉が必要ないシーンで使うべきです。
これなら曲に意識が集まりますから、その曲を聴かせたいという新郎新婦の意志も叶うわけです。
ボーカル入りの曲で意外に使えるのが、英語の曲です。

I Love youといった誰にでもわかるキーワードだけが際立ちますので、さりげないのにしっかりと印象に残るBGMになります。
次にもっと具体的な選曲について考えてみましょう。
式には様々な年代の人が集まります。

あまり若向きだったり、マニアックな曲を流すのは雰囲気が乱れてしまいます。
できれば誰でも知っている曲を使うようにしましょう。
それともう一つ注意したいのが曲のリズムです。

どうしても歌詞や曲調、サウンドが会場の雰囲気に合うかだけに意識がいきがちですが、これが思わぬ失敗の原因になります。
アップテンポな曲を選ぶと、どうしても行動のリズムが速くなります。
緊張していると、2人の歩調が合わなくなってしまったり。

新郎さんが先走ってしまい慣れないドレスで速く動けない新婦さんが転んでしまうといったことにも鳴りかねません。
ムーディでスローテンポな曲を選ぶことが基本になります。

Menu